インフォメーション-不動産経営は京都の中山竜也税理士事務所へ

インフォメーション

不動産オーナーと法人成り

 確定申告が終わり、ホッとしている方も多いのではないでしょうか?

何より私自身もすっかり燃え尽きております。

 

さて、今回は昔から問い合わせが多い不動産オーナー(個人)の「法人成り(=会社の設立)」を考えてみたいと思います。

 

まず、不動産オーナー(個人)が抱えている主な問題をあげてみると・・・

 ①資金繰りが悪い(税金を払うと手元にお金が残らない)

 ②大規模修繕費の確保(定期的にやって来る大規模修繕のためのお金が準備できていない)

 ③個人事業主なので将来の退職金が無い

 ④将来の相続が不安(相続税が払えるか?生前にできる対策は無いか?)

詳細はこちら


購入価額=売却価額なら税金はかからない?

 確定申告の時期が終わりましたが、みなさんは期限内に提出されましたか?

私の事務所は例年3月上旬にはほぼ終わらせるのですが、今年は期限近くに依頼が

あったりで最後までバタバタでした(汗

 今回はその確定申告の打合せでお客様とお話をしている際に出てきた話題をお話

させていただきます。

詳細はこちら


セミナーのご案内

 今回は年明け平成29年1月29日)に株式会社エリッツ不動産販売様と「不動産経営セミナー」を開催しますのでご案内をさせていただきます。

私は「資産デフレ時代にこれだけは知っておきたい相続対策・税の仕組み」についてお話をさせていただきますが、これは相続だけに限らずまもなくやってくる確定申告に関連した項目や売却のタイミングなどについてもお伝えできればと思っております。

なお、定員がございますのでご興味のある方はぜひご検討下さい。

第3回不動産経営セミナー

 

 最後になりますが、今年も残すところあとわずかとなりました。

この1年の間に様々なオーナー様とお会いして、私自身もたくさん勉強をさせていただきました。

来年は更にたくさんの情報をオーナー様へ提供できるよう努力して参りますので、引続きどうぞよろしくお願い致します。
(年明けは平成29年1月5日より営業いたします)


創業塾(京都商工会議所)

 今回は不動産の経営とは少し話がそれるかもしれませんが・・・

不動産経営を事業として考えているの方には関係があるかもしれません。

ということで、京都商工会議所主催の創業塾が下記の予定で開催されます。

お話をさせていただくのも2度目となりますが、4日目(7月16日)の会計・税務パートでお話をさせていただきますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

詳細はこちら


相続した空家を売却したら・・・?

 地方の実家に1人で住んでいた親が亡くなり、その実家の土地建物を相続することはよくあります。

 このとき、相続した人が実家に戻って住んだり、遠方にいても管理できる場合には問題ありませんが、特に何もせず放置されて建物が老朽化し倒れそうになったり、草木がのび放題で周辺の方々へ迷惑をかけていることがあります。

近隣に迷惑をかけるなら建物だけ取り壊せばいいのに・・・」と思われるかもしれませんが、実は建物を取り壊して更地にすると固定資産税が大幅に上ってしまいます。これは「居住用」の建物が建っている土地については、本来の固定資産税の6分の1(一定の場合は3分の1)に軽減されているため、建物を取り壊すことでこの軽減が受けられなくなってしまうためです。そのため相続した建物を取り壊さずに残しておくといったことが起こります。

 また、相続した建物を「取り壊さずに売る」ということも考えられますが、一般的には売却益に対して所得税(譲渡所得)がかかってしまうため躊躇してしまうようです。

132950

詳細はこちら


「不動産経営の案内人」のホームページができました!

不動産を所有されている方にとっては税金だけでなく、様々な悩みがつきまといます。

これらの悩みを解決するお手伝いができれば・・・

以前からそんな思いを抱いていましたが、ようやく形にすることができました。

少しずつですが色々な情報を発信できればと思っております。

不動産経営でお悩みなら、中山税理士事務所にお任せ下さい!



ページトップへ戻る